MENU

女性のひどい抜け毛〜原因と対策

女性のひどい抜け毛の原因にはどんなことがあり、その症状の改善のためにはどんな対策をとったらよいかについて、お話していきたいと思います。

 

女性のひどい抜け毛〜原因

自律神経とホルモンバランスの乱れ

原因の1つ目は、睡眠不足・暴飲暴食や偏食等の食生活の乱れ・アルコールの多飲・過剰な喫煙・運動不足等の、生活習慣の乱れによって起きる自律神経とホルモンバランスの乱れです。

 

自律神経の乱れは交感神経を優位にして血管を収縮させ血流を悪くしてしまうため、髪の毛に必要な酸素や栄養が頭皮に行き届かなくさせ、ホルモンバランスの乱れは、髪の毛の成長期を短くしてしまうことによって抜け毛をひどくしてしまうのです。

出産前後のホルモンの分泌の増加と激減

原因の2つ目は出産前後のホルモンの分泌の増加と激減です。妊娠中には女性ホルモンは多めに分泌されるため、髪の毛の成長期が長く続き殆ど抜け毛はないのですが、出産後には逆に分泌量が激減してしまうため、その過程でヘアサイクルが一斉に退行期に入ってしまい、抜け毛がひどくなると言われています。しかしこれは必ずしも悪い傾向とは言えず、数カ月かけて通常のサイクルに戻っていきますので、余程長引かない限りは異常性を心配する必要はありません。

加齢

次に原因の3つ目は加齢によるものです。男性の抜け毛の進行も加齢の影響は受けますが、女性の場合は50代前後にある閉経によって女性ホルモンの分泌が激減し、やはり髪の毛の成長期が短くなってしまうことで抜け毛が増えてしまうのです。

ストレス

原因の4つ目はストレスです。ストレスによる抜け毛も自律神経の乱れによって交感神経を優位にさせ、血行不良になってしまうことと、卵巣機能の低下による女性ホルモンの分泌の減少によって、抜け毛が増えてしまうと言われています。

 

その他にもやはり血行不良と卵巣機能の低下を招く冷え性、極端な食事制限による栄養不足、頭皮にダメージを与える間違った洗髪方法や、カラーリングやパーマの繰り返しによる頭皮へのダメージ、長時間髪の毛や頭皮に紫外線を浴びてしまうことも髪の成長サイクルを乱し、抜け毛の原因になるとされています。またレアケースですが、病気の症状の1つとして抜け毛が多くなる場合もあります。

 

女性のひどい抜け毛〜対策

次は、抜け毛を解消させるための対策についてです。

生活習慣の改善

まず1つ目は生活習慣の改善です。これは早寝早起きで良質且つ十分な睡眠をとること、1日3食しっかり食べること、スポーツが苦手な人でも毎日適度な運動をすること、アルコールや喫煙を控え目にし可能であれば禁酒禁煙に踏み切ること等です。これらの対策をとることによって、自律神経を安定させ、毛母細胞への血流も改善されていく筈です。

冷え性対策

2つ目は冷え性対策をとることです。まず夏等に冷房の効いた部屋では1枚多めに羽織ること、夏でも冷たい飲み物を飲み過ぎないこと、冬の外出の際には防寒着・マフラー・手袋等を必ず着用し、使い捨てカイロを適宜使用すること、入浴の際にはシャワーだけでなく湯船にも入り身体を温めること、運動によって筋肉をつけていくこと等です。

ストレスを溜めない

3つ目はストレスを溜めないことと発散することです。

 

仕事や家事の合間の休憩を上手にとり、休日には外出や趣味等の活動によって気分転換を図ってリフレッシュし、信頼出来る相談相手を持つことで、精神的な負担が重くならないようにすることが大切です。

ヘアケア対策

最後の4つ目はヘアケア対策です。シャンプーはなるべく無添加低刺激の植物系の、アミノ酸系のシャンプーを使って頭皮を傷付けないように正しい方法で洗髪を行い、洗髪後や時間のある時には頭皮マッサージをするとよいでしょう。またカラーリングやパーマについては極力期間を空けて行うか、きっぱり止めるようにすることをお勧めします。